ナッツの歴史~クルミ編~

どうもFです。
今回はナッツの歴史シリーズ最終回(仮)ということで
クルミについてお話していきます。

クルミといえば…カリフォルニアですよね!
残念ながらルーツはカリフォルニアではございません。
原産地は古代ペルシャ。
今のイランを中心にエジプトまで広がる大帝国ですね。

食用としては世界最古のナッツ。
紀元前7000年前から歴史があります。
18世紀中頃スペインの宣教師によってカリフォルニアに伝えられました。

さあここまで読んでお気づきの方いらっしゃるかもしれませんが、
アーモンドと辿った軌跡、時期同じなんですね。
こう考えると当時のスペインの宣教師はすごい功績ですよね。
日本も存分に影響を受けてますしね。

1852年わずか1000本から始まったクルミ栽培。
その後カリフォルニア州中央の盆地平野地帯が主要産地となりました。

カリフォルニアは水・太陽・気候とベストマッチなんですね。
今では世界需要の3分の2が生産されています。

余談ですが日本国内でも日本在来種のオニグルミ・ヒメグルミが自生し、
縄文時代のころから食されていることが確認されていますよ。
その後ペルシャ系(カリフォルニア生産)のクルミが伝わったのです。


今回は3種のナッツの歴史をお話しました。
いかがだったでしょうか。
みなさんにとってちょっとした豆知識になればいいですかね。

またいずれ他のナッツの歴史もお話していきますので、
ぜひ楽しみにお待ちください。

という事で今回はここまで。Fでございました~。
それではまた次回の更新をお待ちください!

まだ読まれていない方は
過去の2回のナッツの歴史の
アーモンド編とカシューナッツ編も
ぜひご覧になってくださいね!
ナッツの歴史~アーモンド編 
ナッツの歴史~カシューナッツ編

ナッツの歴史~カシューナッツ編~

前回から引き続きシリーズものです。
今回はカシューナッツの歴史についてのお話です。

さて、カシューナッツといえば思いつく国はどこですか?

まず思いつく国がないですよね。(笑)
という事で、今度こそどちらかがカシューナッツのルーツでしょう。

原産地はブラジル北東部の熱帯地域になります。
16世紀末、ポルトガル人により
インドや東アフリカ、東南アジアへと伝わりました。
今ではインドがトップ産地ですね。

当時は防風林として育てられていたそうですよ。
今ではお酒のおつまみとして食べている方も多いでしょう。
その他様々な料理にも使われていますよね。中華料理などがいい例ですね。

ここでちょこっと豆知識!
カシューナッツは花が咲いた後に、「カシューアップル」という実がなり
その後先端に出来る果実の仁の部分がカシューナッツになります。
kurumi pic

次回はこのシリーズひとまず最終回です。
最近なにかと話題のクルミの歴史です。
お楽しみに!!

㎰.前回のアーモンド編もぜひ読んでみてください。
ナッツの歴史~アーモンド編~ 

ナッツの歴史~アーモンド編~

はい、どうもFでございます。
今回のテーマは「ナッツの歴史」ということで、
いくつかのナッツをピックアップしてお伝えしていこうと思います。

今回はアーモンドの歴史をお話していきましょう!

kurumi pic

アーモンドと聞くと思い浮かべる国はどこでしょう?
アメリカ(カリフォルニア)じゃないですか?
今現在日本で流通しているアーモンドのほとんどはカリフォルニア産です。

てことはアーモンドのルーツもカリフォルニアにあるのではなかろうか。
ということで調べてみましたよ!

何とびっくり!原産は西アジア~中央アジアなんです。
またまたびっくりアーモンドと桃はもともと同一の原種のようです。
紀元前4000年前の古代文明で食されるようになってきたみたいですね。
古代の文献に遊牧民が食していたとあります。

アジアから地中海沿岸に伝わり、カリフォルニアに伝わったのは18世紀中頃。
カリフォルニアに伝わったのは比較的最近ということです。

その後カリフォルニアで栽培が盛んになり、
2000年に入ると地中海沿岸の生産量をはるかに超え、
世界の8割以上のアーモンド主産地となりました。

次回はカシューナッツのお話です!
お楽しみに!

クルミの秘めたる効果②

こんにちは、こんばんは。Fでございます。

今回は前回の続きからお話していこうと思います。
軽くおさらいしておきますと、クルミに含まれるビタミンB6が
様々な効果をもたらすという事でしたね!
詳細が気になる方はぜひ前回の内容も読まれてみてください。

今回は脂肪酸についてお話していきましょう!
脂肪酸は三大栄養素の脂質から分類されるものになります。

fat ramification

脂質からは大きく分けて3つの脂肪酸に枝分かれしています。
飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸となります。
この中でも、テレビなどで話題になっているオメガ3脂肪酸は
多価不飽和脂肪酸に含まれます。
今回はここをメインにお話していきましょう。

fat ramification

まずオメガ3脂肪酸とは主に魚に含まれるDHAやEPA、
植物油に含まれるα-リノレン酸などの脂肪酸の総称の事ですね。

オメガ3脂肪酸は体内で生成することのできないので、
食事で摂取するしかないのですが…そんな時は「クルミ」という事ですね。

クルミにはα-リノレン酸が含まれています。
これは体内でDHAやEPAに変わっていくのです。

これらオメガ3脂肪酸は全死因死亡リスクを低下させる効果があるとわかったんです。
また、動脈硬化予防や心臓血管疾患による死亡リスクの低下させる効果が明らかになりました。
脂肪だからと敬遠してきた方もいらっしゃるかもしれませんが、
このような良質な脂肪を全く摂らないことは健康に影響を及ぼすこともありますからね。
ぜひクルミを食べて効率的に必要な栄養素を確保しましょう。

ただし、注意事項としてあくまで適正な量をって事ですね。
食べ過ぎは肥満や生活習慣病の原因になるのでお気をつけください。

小袋は弊社でも取り扱っていますので、興味がある方はぜひお問い合わせを!

さて今回はクルミの栄養・効能をつらつらと書き連ねてきましたが
参考になったでしょうか?
だいぶはしょった説明なので、もっと詳しく知りたい方はぜひ調べてみてください。
ぜひ一緒にクルミのスペシャリストになりましょう!

それではまた次回の更新をお楽しみください。

クルミの秘めたる効果①

どうもどうもFでございます。
今回のテーマは「クルミ」。
ということでクルミの栄養やその効能についてお話していきましょう。

kurumi pic

1、クルミの栄養成分
まずは三大栄養素からいきましょう。
三大栄養素は炭水化物、タンパク質、脂質ですね。
炭水化物:13.8g タンパク質:15.3g 脂質:65.3g(100g当たり)
となっています。        参照:カルフォルニアクルミ協会HP

kurumi nutrition


さて、それでは主要成分についてお話していきましょう。
まずはビタミン。
突出しているのはビタミンB6です。
ビタミンB6の効果は大きく分けて、
美容効果ホルモンバランス調整精神安定の3つがあると言われています。

kurumi nutrition
※クルミ ビタミンB6含有量0.53mg(100mgあたり) 
                 参照:カルフォルニアクルミ協会HP

ビタミンB6にはたんぱく質の吸収を抑える役割があるので、
髪の毛や肌などの調子を整えるんですね。
たんぱく質を吸収することで髪に艶が出たり肌に潤いが出たりと
女性にはうれしいことがたくさん。

またホルモンバランスに関して、
イライラなどのホルモンバランスの崩れによるものを抑える効果があるみたいですよ。

精神の安定ですが、
現代社会に生きている皆様には少なからず不安やストレスなどあると思います。
かくいうFも不安やストレスあります。
そんなとき精神が安定できれば無駄にいらいらすることも不安になることもなく
快適にすごせるのではないでしょうか?
ビタミンB6にはそういう効果もあるんですね。

さて今回はこの辺で終わりといたします。
続きはまた次回!

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます!
2020年始まりましたね~。

今年は東京オリンピックもありますし
盛り上がること間違いなし!

さてみなさんは今年の抱負決めましたか?
僕は毎日を楽しく過ごそうかな。と漠然に考えている程度です(笑)

とにもかくにも前を見るしかないですからね。
新たな一歩を踏み出して、
新天地で頑張っていく方もいらっしゃるでしょう。
もっと成長しようと頑張る方もいるでしょう。

そんな全ての方々を笑顔にできるように
ブログの更新がんばっていきますね。

㈱友口の商品を知ってくれる人が少しずつでも増えて
食を通しても笑顔になってくれると何よりです!

今年も㈱友口、精いっぱい突き進んでいきますので
どうぞよろしくお願いします!

皆さんの新しい一年がいい年になりますように!

今年も一年ありがとうございました!!

もう12月も終わりますね~。
みなさん今年一年どんな年でしたか?
いい思い出や悪い思い出さまざまな出来事があったと思います。

今年いまいちだった人は来年こそ
今年最高だった人は来年も
良い一年にしていきましょうね!

さて、今回のテーマとしては年末の過ごし方!
だいぶ寒くなってきて冬本番の様相が漂っているこの時期は
やっぱり家で過ごすことが多くなりませんか?

家族団らんの機会も増えますよね!
私のイメージはこたつにみかん。
でもせっかくだからその団らんにナッツを加えてみませんか?笑

豆菓子やナッツをつまみながらお酒やジュース!
話を弾ませ、楽しい一日になること間違いなし!

みなさんがナッツや豆菓子を通して
幸せになってくれればそれだけで私は満足です!

それでは2019年残り少ないですが
最後まで全力で走り抜けましょう!!

また来年~!!

行楽の際におすすめなお供ランキング!!

さて、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
このブログ、今まででとテイストが変わったと思いませんか?

実は筆者が変わって今回で6回目の更新となります。
今後はFの愛称でお楽しみいただければと思いますので、
今後ともよろしくお願いしますね!!

それでは今回のテーマ、行楽に持っていくお供ランキングですが、
これは独断と偏見に基づくFの個人的なランキングになります(笑)
しかし、みなさんも美味しく食べることのできるものを
紹介していきますので安心してください!

まず前置きとして、
今からのシーズンは気候的にも行楽日和が続きますよね。
少し寒くなってきましたが、空気が澄んでいい気持ちです。
ドライブ中の車内や目的地でゆっくりする際など
手軽に食べることのできるお供が欲しいですよね?
さあ、という事で今回はトップ3をランキング化!
それでは発表していきましょう!!


第3位 リンゴ酢を使って梅ぇ

harape pic

 

小さい子からご高齢の方まで美味しく食べることのできる一品です。
リンゴの風味が香り、甘さもしっかり!
酸っぱいのが苦手な方もこれなら美味しく食べられますよ!
もちろん、酸っぱいカリカリ梅が好きな方も、くせになると思います。
冷やしても良し、常温でも良しと行楽にうってつけです。
行楽といっても本気で楽しむと帰ってきたら疲れていますよね。
子供のお世話などもあれば尚更ですね。
そんな時にもこの「リンゴ酢を使って梅ぇ」がいいですね。
梅にはクエン酸がたっぷりなので、疲労回復にうってつけです。

第2位 おしゃぶり焼きするめカット

harape pic

 

食べやすいサイズにカットされた美味しいするめ、大人気の商品です。
するめというとお酒のおつまみというイメージですが、
食べてみるとびっくり。
お酒が無くても十分美味しい。
車内でしゃぶりながらトークしても良いですね。
もちろんBBQのようにお酒を飲む際にもぴったりですよ!
BBQの網で炙って食べたらすごい美味しいでしょうね~。
という事で第2位はどんな場面でも美味しい「おしゃぶり焼きするめカット」でした。

第1位 ハラペーニョアーモンド

harape pic

 

はい、不動の第1位ですね。
こちらは友口オンラインショップで大人気です。
程良い辛さがくせになる一品です。
行楽に向かうウキウキ気分の盛り上がった車内にピッタリ。
みんなで仲良く食べることができますよ!
小さい子でも食べることできる辛さなので、老若男女におすすめ。
「ハラペーニョアーモンド」と言えば「友口」ですよ!!


ランキング形式で発表しましたがいかがだったでしょうか?
皆さんの参考になれば何よりです。
それではみなさん、いろんな場所に行かれると思いますが、ぜひ楽しんで!
車の運転などには気を付けてくださいね!!

★節分★ お得パック発売開始

オンラインショップにて節分用のお得パックの発売開始!

大豆1kgセット、から付ピーナッツ1kgセットの発売を開始しました。
鬼と福のお面が各5枚ずつ入っているので
お子様にも喜ばれるセットになっていますよ!

setubunn

以下からオンラインショップへ!
大豆1kgセット 
から付ピーナッツ1kgセット 

節分には豆まきは必須ですよね!
ぜひぜひお買い求めください!!

ちなみにダイズについて書いたページもありますので、
ぜひ下記の画像をクリックして読んでみてください!
soyicatch

それでは!

ヘルシーに体つくりをしていこう!!

今回のテーマとなるのは「大豆」!

soy

最近ではテレビで紹介されることもちらほら…
大豆には良質なたんぱく質が含まれており、
健康や体つくりに興味ある方にとって少しでも役に立てればと思います。
また、このブログをきっかけに興味を持つ方が現れるのも期待しています。(笑)
まずは、たんぱく質について知っていきましょう。

タンパク質は体のすべての細胞、血管、筋肉などの
多くの組織を作るのに必要な栄養素です。
体内でアミノ酸に分解され、それぞれの組織で使われます。

皆さんはタンパク質よりプロテインの方がよく聞くかもしれませんね。
プロテインとタンパク質は同義でして、
ラテン語でプロテインは「大切なもの」という意味になるんです。
人の体を作るという意味でもほんとに大切なものですよね!

さて、大豆からソイプロテインというたんぱく質が得られます。
以下では大豆たんぱく質とします。
この大豆たんぱく質の特徴は体内にゆっくり吸収されるということ。
そのため、運動をあまりされない方でも太ることが少ないんですね。
同じように牛乳からはホエイプロテインというたんぱく質になります。
こちらは筋トレをする方やアスリートなど
筋肉を酷使し肥大させるような方が必要とするイメージですね。
特徴は吸収が早いということ。
吸収が早いということは、その時点で不必要な分は脂肪として蓄えられるので、 必要量以上摂取すると太りやすいということになります。

人は生きていくうえで
最低でも自分の体重×1gのたんぱく質が必要とされています。
軽く運動される方は×1.2g、
筋トレや激しい運動をする方は×1.5~2gともいわれます。
asleet 

大豆には100gあたり約30~35gのたんぱく質が含まれているので、
効率的に摂取することができますよ。

肉と同等のたんぱく質の保有量で「畑の肉」と言われるほどなんです。
また、カロリーも100gあたり417kcalと少ない量でエネルギー効率も良く
腹持ちもいいので、運動と組み合わせてダイエットや健康増進にはお勧めです!

年齢を重ねるにつれてどうしても筋肉量の減少や体の不調が現れてきますが、
その大きな原因は
食欲減少によるたんぱく質の摂取量が少なくなることと言われています。
よくテレビなどでとても元気な高齢の方が出てきますが、
多くの方に共通するのがお肉を好んで食べるということ。
つまりタンパク質をしっかり摂っているんですね。

でもお肉って重いしカロリーも高いし油っこいしで
食べる量はどんどん減ってきますよね。
そんな時におすすめなのが「大豆」なんですよ!!
声を大にして言いますね!肉より「大豆」!!!
もちろんお肉にもいいところはたくさんありますが、ここでは控えますね(笑)

日常的に大豆を食べることでみなさん一緒に元気なまま長生きしましょう!
このブログを見てくれた方が大豆のおかげで元気でいてくれたら
それが友口の喜びです!!

最後に大豆は枝豆って知っていました??
僕はつい先日知りました。
green soy

それではまた次回をお楽しみください!!